2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07





農業体験

昨日は農業体験に行ってきました。
小さな農園だけれど無農薬の野菜など作っている団体の企画のようでした。
あることがきっかけでお誘いを受けて私も参加しました。
3つぐらいの小グループが参加でサツマイモの苗植え、玉ねぎの収穫、麦の実を取る軽作業、枝の選定や草を除去する重労働の4つの班に分かれての作業でした。
私はあえて草などを除去するグループに手を挙げて入りました。
男性が大きな木の枝を切ったりすることをしてくださっていましたが、私はヤブガラシという厄介な雑草を除去することをしました。
そのヤブガラシは取っても取っても出てくる雑草で地下茎を除去しないと増えていきます。
実は我が家の庭にもあり困っていました。
地下茎までしっかり取り除くということが今回の事で分って良かったです。
大きいスコップで土をやわらかくしながら地下茎を辿って除去することは確かに重労働でした。
でもやっていくうちに楽しくなってきました。
しっかり長い地下茎まで取れた時は達成感がありました。
草の除去は休憩時間までで良いということだったのでそのあとは麦の実を取る軽作業を手伝いました。
久々に家とは違う場所で体を動かし良い時間を過ごしました。
帰りには手作りマドレーヌもいただき美味しかったです。

このヤブガラシ除去をしながら思うところがありました。
自分の過去の問題も表面的に取り除かれたと思っても心の奥底に地下茎のようにその物事が苦々しく残っているなら、同じような事柄をきっかけにまた心を苦しませることとして出てくるなぁと・・・。
先週末に主人といろいろ話していました。
主人が高校時代の思い出を話し始めたときになんだか自分がいたたまれない気持ちになりました。
私にとって高校時代とは良い思い出よりも悪い思い出が多かったです。
また中学校の時の部活においても嫌な思い出がありました。
そのことが自分をいたたまれなくしたということがその時に分かりました。
私自身、これらの思い出にしばしば苦しんできていて祈ってその都度解決していると思っていました。
でも実際は心にずっと苦々しい思い出として残り続けていました。
その嫌な思い出を主人に話し始めたときに主人が「話している口調も目も怖いよ」って言われました。
ああ・・・・、私はまだこのことについて「傷つけた相手を赦したい。赦します。」って祈っていたけど本当には赦せていなかったんだということに気づきました。
そのあとにすぐにまず神様に謝り、本当に赦したいと思っていることと、相手の方々の名前を出しながら祝福を祈りました。
そうしたらすっと苦々しい思いが消えて中学、高校時代と聞くだけで嫌な気持ちになっていたことがうそのように楽になりました。
やはり祝福を祈るってことは神様が望まれておられることなんだなと痛感しました。
私の心の中にあった地下茎が神様によって取り除かれたんだなと思うとずっと長年苦しんできたことから解放されてこれが正に自由だと感じました。

最近、我が家の子供達に色々なことを話す機会が与えられています。
この記事の事も息子に話しました。
自分のこれまでの体験や大人になってから神様によって教えられてきたことなど子供達に話すことができるのも感謝だと思います。
[ 2017/06/21 ] 生活あれこれ | TB(-) | CM(2)